昨日、アレを作りましたね


初めて作ったドリップスタンドの巻!




納得が出来てなくて早速リベンジ



う~ん、とりあえずホームセンターでいろんなパーツを見ながら考えよう。




全部を木で作るからいろんな意味で重くなるんだよね。



ってことで、上はシンプルでいろんなサイズのドリッパーが置けるタイプにしたのです。




ブリッジに使用する棒は何がいいのか・・・



メンテも楽々な安定のステンレス?


酸化した色味が味となる銅?


真鍮?



ドリッパーが3個は置けて持ち運びも苦ではない、しかも使うほどに味が出る・・・。




うむ。

銅に使用。

そうしよう。





で、暗くなり始めてから作業開始!


使える時間は1時間くらい。




ダッシュ!!!




卓上ノコで銅線を切断!っとその時!


目に銅のかけらが直撃><


ビビリながらゆっくり刃を入れてたから一粒だけだったし大事には至りませんでした。


みんな、ゴーグルって大事だぜ




ゴーグルなんて持ってないしメガネを取りに行くのも面倒だったので・・・




目をつぶって切るという暴挙にでた(笑)
 


6パイなんで一瞬やったけど、、、

3mm程度長さが違うのだ(´・ω・`)



組む時に問題があったらもう一度切ろう。



で、ベースの木とサイドの木を切り仮組みしてみる。




おお!

いい感じ!





途中の写真は時間の都合で、一切撮ってません(笑) 


そして、その木枠に銅棒を合わせると・・・


な、ながい(´;ω;`)



もう一度、あの恐怖を二回もくらうのか。


と、ふと思い出した


自転車のハンドルをカットした時に使ったパイプカッターのことを





コキンッ!





綺麗にカットでちゃうんだよね~(*´Д`*)


一家に一台、パイプカッター



今回は、棒をサイドの木枠に差し込んでしまおうと思ってます。



色は・・・

放置していて使い物にならないブライワックスをチョイス



復活してもらいたくて温める。


JPG_effected


これも、良い子のみんなはマネすんなよ!


まあ、どのみち死んでたので無理やり塗りました。


床にたくさんのワックスの粒が落ちて大変だったのよ。




お外でしましょう!

自宅ではしないように!





・・・。





完成品はこちら。







ジャーーーン!




JPG_effected



おぉ~


昨日のダッサダサのドリップスタンドに比べたらなんてシンプル&スタイリッシュなんでしょう


高さがあるのはカップではなくて下にあるビーカーを使う予定だからよ~



jpg_effected
 
ほら、なんか調味料置き場みたいじゃん(´・ω・`)


それに比べて・・・


JPG_effected


銅ってのが良いんです!


でも、錆びたら磨いてね


JPG_effected

 
ネジ類もしっかりと隠してひとまず完成



FlaT’sのオープン記念に迷惑でも贈るぜ



ふらっとさん達(FlaT’sに来る人々)にもウケることを祈る



底からブリッジまでの高さは13・5cm

ブリッジ間(空間幅)は7cm

横幅は全体で50cm、ブリッジは46cm←最大幅はこれが精一杯。

でも、自宅用だとブリッジは28cmもあれば・・・

ってか、ふたつは使わないので使用済みドリッパー置き?かな。



正直、下には銅の板を敷いて雫が落ちても良いようにしたかったんだけど平面だと結局はこぼれるし掃除も大変・・・


となると、写真のように端に使用済みのドリッパーの下に受け皿(カップ)を置くのが一番シンプルで掃除も楽かなと思いました。




今回のドリップスタンドの作り方で良ければサイズ変更して受注受けますぜ


と言って、本当に注文があったら困るのでシングル用、ダブル用と時間がある時に作ってお店に飾って値段付けとくわ(笑) 


作ったときはブログにアップします(*´Д`*)



JPG_effected
 

こうやってみるとただの木と銅の棒(笑)

ステンレス、真鍮も売ってたので作ってみたいな~(特に真鍮)



たぶん、需要はシングルタイプのみだと思うけどな


それと画像はマジで撮ったから実物は普通やで

製作時間・2時間くらいの作品クオリティー><

現物はFlaT’sで確認くだちゃい。



ちなみに自宅用は・・・

ゴールドブレンドが我が家のコーヒーなんで必要ありません









○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

一応あるんです
お店のホームページはココをクリック!

何気に写真(ネコ多め)をアップしとります
インスタグラムはココをクリック!

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○