髪の体力は有限です。
しかも、体力が戻ることはございません。
限界を超えるとバシバシ→チリチリに・・・


髪の毛がチリチリになる理由の解説←この認識は非常に重要


知らない人が非常に多いっす←危険

あきんど美容室や売れたらそれで良いと思ってる一部のメーカーはトリートメントでダメージが治るとか、栄養を入れて修復するとか、利益のためなら上手いこと言い回しを変えて売ろうとするんだよね~←数年前は本当にそう思われてたから仕方ないかな・・・。
きっとこれからも真実が世間に浸透するまでの間は言い方を変えて売り込んできますのでお気をつけて。

長持ちするトリートメントなんて洗っても洗っても10日くらい取れないファンデーションみたいなもの。
数日取れないファンデをてんこ盛りに塗りたくって「肌が超綺麗になった」とは思わないでしょ?
逆に肌に悪いんじゃないの?って簡単に想像がつくよね。
髪だと肌と違ってあまり感じないし目にも見えないし、実際にサラサラになったりまとまったりするから治ると信じてしまうんだよね

残念ながらコレだけの情報(ネット)社会で「無知は言い訳にはならない」です。

いや、マジで・・・。
髪のこと気にしてて知識がなくて逆に良くないことしてるんだぜ(・・;)考えたら怖いぞ。
成人病を気にしてるのに運動しなくて塩分が高い食べ物を体に良いと信じて食べてるのと同じだよ
怖いでしょ?

トリートメントしてるから大丈夫じゃないの?でも、日が経つと元通り←髪は死滅細胞なんで当たり前です



カラーやパーマだけではなく高温のアイロンやコテ、毎日のヘアケアの方法(自分の髪質に合っていない場合)
ファンデーシャンや化粧水が肌に合わないと大変なことになるでしょ?
髪もシャンプーやトリートメント、洗い流さないタイプのトリートメント、乾かし方とかの違いで全く変わっちゃうよ。
肌と違ってわかりにくいのが問題なんだけどね^^;



洗い流さないトリートメントはこんな感じの認識でいいと俺も思う。
サラサラになるから良い商品←見た目や手触りに関してね^^
それが髪に対して良い商品かは微妙(笑)←まさにファンデーションと似てるね。
蓄積しないようにしっかりと落としきれるんならワックスやスプレーと同じでスタイリング剤としては有効だと思う。



チェンジリンスのイメージはこんな感じ
俺レベルになると洗面器を使わずに手のひらにお湯をためて出来ます(笑)←手触りの感覚をわかってるからかな?
まあ、長さがあったら無理だけど(笑)


はしぐっちゃん!動画ありがと~(*´Д`*)



ってか、じゃあどうすれば髪のダメージは治るの?
ダメージは治らないので極力ダメージさせなかったら良いのです
でも、カラーやパーマも楽しみたい・・・
なら自分に合った正しいヘアケアや、髪の体力を減らす時も最小限に抑える施術を選択しましょうね

ホームカラーのムラ染めや全体染めをこれからもメインでお考えの方は「何でパサパサのガシガシなの?年齢のせい?」と思って(本当は自分のヘアケアのせい)諦めててください\(^ ^)/
これから頑張ってみようと思う方はいつでも相談にのります。
ただし、手間も時間もかかります。
どんなことも(ダイエットや健康維持など)マイナス状態をプラスにするには時間をかけて頑張るのは当たり前なんで結構大変です。
髪のことが苦にならない僕でもめんどくさいですから(笑)

まあ、そこまで髪に関してこだわってない人もいるだろうけど、綺麗にこしたことはないよね
わざわざダメージするような選択をすることのないように・・・。

余計なものが髪に残らないシャンプーでしっかりと洗って「すすぐ」←これが最重要ポイント
トリートメントやコンディショナーも次回のシャンプーでしっかり落ちるシンプルなものを選択←状態がよければしなくても良い
そして、シャンプー後はしっかりと乾かす←上から下に乾かすとキューティクルが閉じて水分を逃がさないし(イメージ)ツルツルサラサラになるよ
美容師が乾かすとサラサラになるんじゃなくて「理にかなった乾かし方をする」と誰でもできます

あっ!
濡れてるままで放置するのがなぜダメなのかと言うと。。。
雑菌の繁殖もあるけど、髪は濡れてる時は非常に弱いのでダメージしやすいの。
あと、鱗のようになって髪を蓋してるキューティクルは濡れると開くんだよね。
そのまま放っておくと開いたままなので水分がなくなっていきパサパサの髪になっていくんだよ。
カラーもパーマもしてないけど傷んでる人のほとんどがこのパターンなんじゃないかな?←紫外線や海やプール系でのダメージも侮れないよ家に帰って来たらしっかりと洗ってアルカリを除去しましょうね。
毎日の積み重ねのダメージは意識するだけで防げるものなのでもったいないです><

フェイスシートつけて乾くまで放置してたらダメって言うよね?
シートの水分の蒸発と一緒に肌の水分も蒸発するからと言われてるけどそれに近いかな。
油分(乳液系)で潤ってる時に蓋をしないと逆効果の可能性も十分あるって事と一緒だね←髪だと乳液に値するのがキューティクル

さあ、長くなってしまったけど知ってるのと知らないのでは全然違うのでドライの方法だけでも今日からやってみよー(*´Д`*)←多少は手触りとか変わるけど、今までのダメーが良くなるわけではないぞ
新しく伸びてきた部分に乞うご期待(笑)←気の長い話だけど皮膜(トリートメント)したらダメージが治るなんてユメのような物質も話も今のところ存在していませんので。。。


はしぐっちゃんがヘナの働きをわかりやすく書いてくれてたので読んでみて(猿でもわかるw)

ヘナのトリートメントの仕組みと効果をわかりやすく解説‼︎イラストあり

これは本当にわかりやすいのでありがたい(´;ω;`)




お店情報はこちらです

料金表
http://kami-koya.blog.jp/archives/cat_470927.html
アクセスマップ&営業時間
http://kami-koya.blog.jp/archives/cat_757586.html

ホームページ
「http://kami-koya.jimdo.com/」


DO-S&ハナヘナって???(他力本願)

髪の毛は減点法で死んでいっちゃうよ
トリートメントは髪をいためます
トリートメントの演出効果
髪修復のトリートメントなんかない!
100%ヘナの立ち位置
DO-Sシャンプー&トリートメント
超修復トリートメント?
美容室のヘアトリートメントは効果なし!
シャンプー解析や分析では解らない! 

ハイダメージ毛のためのヘアケア 真実1
ハイダメージ毛のためのヘアケア 真実2
ハイダメージ毛のためのヘアケア 真実3

ハナへナ リンク集

JPG_effected

DO-S シャンプー&トリートメン トの 使用説明書 と おすすめ記事 と Q&A集
http://hairwins.blog.fc2.com/blog-category-8.html

T2sys ZEROベースメイクジェル(炭酸ジェル)の使用説明書
http://hairwins.blog.fc2.com/blog-category-17.html





o0800056611951080764