最近、和漢彩染の染まる力に驚いてる僕です^^



ハナヘナは髪の強化としてトリートメント的に使ってるので色味は和漢彩染に頼ってます



何がいいかって?



アルカリが入ってないから(ブリーチする力がないから)髪のダメージが格段に低いんです



まあ、黒髪には意味をなさないけど(苦笑)



白髪率の高い人と白髪がまばらで自然な黒髪にしたい人には最近は和漢で攻めてます



特に高齢になると髪の毛自体に力がないのでアルカリカラーはしたくないのが僕の考え。



そこで、白髪がしっかりと染まって黒すぎず明るすぎずな色を検証してみたの←遅い?



まずは、ダークブラウン(レッドorオレンジ:BB6=3:1)


2015-06-29-23-46-48


全て白髪率100%の毛束でチャレンジしたよ。
左がレッドベースのダークブラウン・真ん中がオレンジベースのダークブラウン


頭だと髪は重なってるのでもう少し暗いかな?


2015-06-29-23-49-00


お店で撮ると照明が明るすぎるのと毛束自体が毛量が少ないので明るく見えちゃうので暗いところで撮ってみた。


白髪の場合は暗すぎたら生え際が目立つし、明るすぎたらダメージして見える(汚く見える><)から難しいね




こちらは鉄板カラーのアーモンドショコラ(オレンジ:レッド:パープル(BB8)=2:1:1)


2015-06-29-23-43-37


左から
① ②の高明度の毛束に塗布
② 傷んだ毛先や褪色して明るくなってしまった髪を想定した毛束
③ ④の白髪100%に塗布
④ 白髪100%



これは思いついてから慌てて作ったので放置時間は20分くらい。


2015-06-29-23-52-52


暗いところで見てみるとこんな感じ。

あっ!置き方が逆になった(笑)


白髪も高明度にも関係なくしっかりと色が入るので使いやすいです(*´Д`*)


ただし、明るく出来ないのでまだらな白髪の人がそのまま使うと黒髪はそのままで白髪のところがこのように染まるよ^^


白髪率によってはあえてそうしてウィービング(メッシュ)的に使える人もいてると思うけどね


出来るだけ均一に染めたいのなら一度全頭をアルカリカラーで色を合わせてから和漢彩染~次からは伸びてきた部分(プリンなところ)の新生毛だけアルカリカラーをして褪色したところに和漢彩染という、ダメージは最小限で色味も表現できるカラーを僕はチョイスしております(´∀`)



黒髪は重いからちょっと・・・。

でも、カラーを繰り返すと色が落ちた時に毛先に行くにしたがってだんだん明るくなって汚く見える(汗)と思ってる人とかにもおすすめです



そもそも、その時の仕上がりだけしか考えないでカラーすると将来的にアウトです


褪色のことも考えてアルカリカラーをしないとイケませんね。


だから、自分でするホームカラー(アルカリカラーにはブリーチがもちろん入ってます)は塗り分けが出来ないので危険なんですよ~


何度も全体にカラーすると毛先とかボロボロになるんだから(´・ω・`)


白髪染めなんて見えてる部分(特に前髪の生え際の弱い部分)に何度もカラーしちゃうと、健康な髪とダメージしてる髪がごちゃごちゃになってパーマや矯正・・・下手したらカラーでもチリチリのバサバサになっちゃうよ


髪の毛は減点法で死んでいっちゃうよ



一度ダメージした髪は二度と治らないが原則原理ですので無茶はしないでね^^

自己責任でするのは全く構わないけど、そんな状態で美容室に行ってイメージ通りの仕上がりが出来なくてもお店のせいにしちゃダメよ(*´Д`*)


素材が一番大切なんです


お料理でも、新鮮なお魚だと刺身も煮物も好きなもの言ってくれだけど、釣って1週間経ってて傷みかけ寸前の危ない魚をいくら腕のいい料理人に刺身にしてもらっても美味しくないし下手したら当たるからね(苦笑)


素材が悪くなると選択肢がかなり限られますのでご注意ください



扱いやすいorキレイに見せたいなら出来るだけダメージさせないで日々のヘアケア(髪に負担の少ないシャンプー&トリートメント、コテやアイロンによる熱ダメージに気をつける、紫外線ダメージ、しっかりとドライヤーで乾かしてキューティクルを閉じて乾燥を防ぐ、などなど・・・)を意識するだけでかなり改善されるので頑張って~(´∀`)




PS:このページのPVが常に多いので参考にしてきた和漢彩染のレシピを足しておきますねん

アーモンドショコラ・・・人気の中心!鉄板へアカラー
オレンジ:レッド:パープル:(BB8)=2:1:1:1

ベージュブラウン イエロー:パープル:(BB8)=3:1:1

ピンクベージュ レッド:パープル:ホワイト=3:1:8

ボルドーワイン・・・赤+パープルで秋を意識したカラーのご提案です レッド:パープル:(BB8)=3:1:1

マロングラッセ・・・深みのある、しっとりとした上品なお色です オレンジ:グリーン:(BB8)=2:2:1

パンプキンオレンジ・・・輝きのある、軽やかなブラウンで赤みが抑えられます イエロー:オレンジ:(BB8)=2:2:1

ピンキーアッシュ・・・ピンクとグレー系アッシュのブレンドで大人な雰囲気に ブルー:レッド:(BB8):ホワイト=1:1:1:5

ヘルシーヘーゼル
BB8:ホワイト=1:2
シナモン


イノセントアイスブルー
ブルー:BB7:ホワイト=1:1:12
イノセントアイス

イノセントプラチナ
ブルー:BB6:ホワイト=1:1:12
イノセントプラチナ

キャンディピンク
レッド:ホワイト=1:20
へーぜる

ルミエールミント
パープル:グリーン:ホワイト=2:1:12
ミント

プラチナアッシュ
ブルー:ホワイト=1:10
プラチナアッシュ

●おすすめ●
ダークブラウン
オレンジorレッド:BB6=3:1

ブラウン
オレンジorレッド:BB7=3:1 なお、オレンジよりもレッドの方が明るく仕上がります。

お好みのより比率を変化させてご使用下さい。 例 4:1、5:1、6:1など

●明るめ●
ライトブラウン
オレンジ:BB8=1:1


※BB5・BB6は単色ですと、黒に近い仕上がりになります。

食品が基材のパウダーカラーで安全性の高い商品です ヘナより、よく染まる色持ち抜群! 安心の医薬部外品 12種類のハーブ(和漢植物)パウダーと小麦粉 コーンスターチからできている、自然派のカラーです =ご使用方法=パウダーを3~4倍のお湯ときでご使用ください 根元から毛先までたっぷりと塗布し ラップをまいて約30分間ほど放置し、シャンプーで洗い流して下さい



だそうです



全部は試しておりません。

白髪だと色味は出るだろうけど普通はブラウンにベースを整えてからだろうから・・・期待するほど綺麗には出ないよ
ブラウンの画用紙に色を入れても綺麗には出ないよね?

でも、使えるしダメージはかなり少ないので重ね過ぎて濁らないように注意して続けたら便利なカラー剤だと思う。

トーンダウンではかなり有効だよ




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



ご予約方法は…

こちらのブログのメッセージでも大丈夫
「メッセージはこちらからどうぞ!」へ…
パソコンなら画面右下、スマホなら下にスクロールしてちょ!
電話番号はお店の表にある看板のみに記載してますが・・・ネットが苦手な方用です

公式のLINE@ありま

予約も通常のLINEのようにトークから出来るので気軽に使えるよ 

友達追加してもこちらからは誰なのかはわからないのでお気軽に登録くださいませ

LINE公式の検索から「Kami-Koya」で出ます!
 

友だち追加数



お店のフェイスブックページをいいね!かフォローしておくとFBからブログの更新がわかるという、カミコヤマニアな貴方にぴったりなアイテム




☆Kami-Koyaの説明書☆


2015年版←オープン時

2017年版←最近



美容ネタなしのプライベートな・・・

インスタグラムはココをクリック!


最後に・・・

お店のホームページはココをクリック!