お待たせしました~( ´∀`)つ




気がついたら4時間ほど放置していました(笑)




あの~、、、

似たような写真が連続するけど許されよ




けっして、同じ写真はつかっておりません^^




一人撮影で髪質がわかるように撮るのは至難の業でして、拡大してるので画質が悪くて違いがわからん(´・ω・`;)



まずは、しっかりとDO-Sシャンプーでヘナを洗い流します。



軋んでもめげずにしっかりとお流し



トリートメント多めにつけてチェンジリンス



からの~、タオルドライ




BlogPaint


手ぐしのみでサッとドライヤーで乾かした状態


3


そこから、ワンプッシュ程エルジューダエマルジョンを馴染ませた状態


5


バックはこちら


2

これが…

7

これ!


正面のアップ

BlogPaint

これが・・・

8

こんな感じ。


通常の外出時くらいのブロー状態

ササッと3分くらいね^^


9


襟足はどうしてあんなに広がるんじゃ?(笑)


他はご覧のとおりにまあまあ落ち着きました。


皮膜系の重ね塗り系トリートメントでしっとりさせてまとめるのはもっと簡単ですよ~


べったりとしてるのをしっとりと呼ぶのであればね( ̄ー ̄)ニヤリッ



そして、全然乾きまへんけど



たくさん余計なものを付着させて重たくしたらそりゃべったり(しっとり風)に誤魔化せるけどそれならサラダ油でも出来るわぃ(笑)



ハナヘナさんは何もつけてない状態のように乾きます


もちろん軽いです


間違ってもべっとりにはなりません←もちろん余計なものが入っていないDO-Sシャントリと併用してるからだよ。



ただ~し、草くさいし時間はかかるしサラツヤ効果もたいしておまへん。



そんな即効性もなければ万能なアイテムではございません。



まだ最初の1回目なんで3回目までは毎日のヘアケア(シャントリ)を継続してダメージ部分にハナヘナ物質を定着しやすい環境を作りましょう。



まあ、さびた鉄棒のペンキ塗りに例えると1回目なんてサビサビの鉄棒のサビを取って下塗りしたくらいだとお考えくださいな^^



2回目からが薄塗りで塗装スタート~3回目が2度塗り~それ以降がメンテナンスと。。。



次は12日あたりに2度目を実行しようかな?




ただ、問題がひとつあるのです




もっと黒くしたい(´・ω・`)



検証中に余計なことはしたくないので我慢しないといけないんだけど我慢できるかしら



ちなみに、わたくしは黒くするにアルカリカラーは使いませんの。



もう知ってると思うけど、市販のホームカラーもアルカリカラーね



和漢彩染のBB系と気分によってプラスアルファです。




ダメージはほとんどないんだけど、ヘナのダメージホールの穴埋めの検証してるのに和漢の染料とかが仕上がりを変えてしまいそうなんで使いたくないんだよね~(汗)



う~ん、カラーの我慢は精神衛生上ツライです(´_`。)グスン





ってか、雰囲気が大人になった(笑)

これでこっちがびっくりするほど年下に思われることはないでしょう

そりゃ、あんなカラーで生活してる人なんて若造だと思われても仕方ないけどね



そうだっ

よく見かけるホームカラーで明るくして毛先だけ褪色してチリついてる人

この程度までなら1回で戻ってこれるよ(笑)

ってか、明るくなった毛先の色味の調整なら和漢単体でも十分です



気になる方は街中で僕を見かけたらご相談ください

もう見た目が普通になったので見つけにくくなりましたけどね( ̄ー ̄)ニヤリッ




ダメージヘアへの手触り&質感向上に対する検証③