細い髪やダメージ大の髪に対して施術の安心度を上げる為に酸性矯正を取り入れようと、とりあえず必要アイテムから注文しました



まずは薬剤




00098595

DO-S GMT


DSC02339


DO-S マゼマゼジェル



もちろんスピエラも考えたんだけど最初はGMTでやっていこうと思います。



しかも、クリームではなくてジェルタイプにしてみたの←勘w



で、アルカリ矯正ではないので当然にアイロンワークも変わってくるのです。



そりゃ今まで、酸性矯正もネット上にある情報という情報は熟読しまくってもうすぐ2年



頭の中だけでは我慢できまへん(笑)



でね、アイロンもADSTで十分戦えるんだけどより「安心&安全」を考慮したらこれを買わないと始まらんのでは?

bisousinka_alpha-aspa_1

asupa2m


水素結合をより安全におこなえるアイロンであります。


この為だけに買いました(´・ω・`)


何だかんだ言って結局は揃えちゃうんだもんな~



あとは、デジパーの機械買ったら終了かな?(笑)


さすがにそれは一年は先のお話です。←そもそも、パーマメニューもないのにデジとかワープしすぎでしょ?^^



とりあえず、ブリーチガンガンのダメージ毛でゆるい癖がある自分の前髪が実験台かな




アルカリと酸性に対して俺なりに思ってることをまとめてみた

アルカリ矯正

メリット
・アイロンワークに卓越した技術がいらない。
・太くてクセの強い髪もしっかりと伸ばせる。
シッとまっすぐになる

デメリット
・傷みやすい
次回のパーマ施術が難しくなる。
・カラーがきれいにはいらない(縮毛矯正部分が暗くなりやすい)
・ボリュームがなくぺったんこになる。
・パワーが強すぎて細い髪やダメージ毛に対して難しい。
シッとまっすぐになる←なりすぎる><

酸性矯正
メリット
・アルカリに比べダメージが少ない←少ないだけよ^^
・やわらかい自然な仕上がりになる。
・縮毛矯正後のパーマ施術が可能。
・カラーの反応が良い。
・根元のボリュームが自然。
・細い髪やダメージ毛に強い。
・薬剤の浸透が早いので放置時間が短い。

デメリット
・アイロンに技術が必要(アイロン操作で仕上がりに差が出る)
ピシッとまっすぐならない。
・しっかりとした髪を伸ばすのは難しい。
・軟化しないので還元チェックは経験と勘

結局はその人が何を求めてるか?だよね~

どっちも縮毛矯正には変わりないんだけど、真逆な存在だと思ってもらえればいいのかな。

まあ、あくまで僕が思ってるだけだけど(汗)

そして、中性は考えてまへん

早く届けぇ~





お店情報はこちらです

料金表
http://kami-koya.blog.jp/archives/cat_470927.html
アクセスマップ&営業時間
http://kami-koya.blog.jp/archives/cat_757586.html

ホームページ
「http://kami-koya.jimdo.com/」


DO-S&ハナヘナって???(他力本願)

髪の毛は減点法で死んでいっちゃうよ
トリートメントは髪をいためます
トリートメントの演出効果
髪修復のトリートメントなんかない!
100%ヘナの立ち位置
DO-Sシャンプー&トリートメント
超修復トリートメント?
美容室のヘアトリートメントは効果なし!
シャンプー解析や分析では解らない! 

ハイダメージ毛のためのヘアケア 真実1
ハイダメージ毛のためのヘアケア 真実2
ハイダメージ毛のためのヘアケア 真実3

ハナへナ リンク集

JPG_effected

DO-S シャンプー&トリートメン トの 使用説明書 と おすすめ記事 と Q&A集
http://hairwins.blog.fc2.com/blog-category-8.html

T2sys ZEROベースメイクジェル(炭酸ジェル)の使用説明書
http://hairwins.blog.fc2.com/blog-category-17.html