アルカリカラー
(大多数のサロンで使用されているカラー剤)
メリット
色味や種類が豊富。
明るくする事が出来る。
カラー剤として安定している。
白髪も染めれる。

デメリット
匂いがきつい。
ジアミンを使用している。
頭皮が敏感な方はしみやすい。
ダメージがちょいちょいある。
アルカリを使用している。
褪色が激しい。

ノンジアミンカラー

「メリット」
ジアミンアレルギーの方でも使用できる。
明るくできる。

デメリット
アルカリによるダメージはある。
白髪が染めれない。
色の幅が狭い。
残臭はある。

マニキュア(酸性)
(最近はカラフルなカラーで使われている。一部で白髪染めに使用)
メリット
アルカリによるダメージはない(しみにくい)
ビビッドな色がでる。
白髪にも色が入る。
匂いが少ない。

デメリット
明るくできない。
根元を少しあけないといけない。
カラーチェンジが難しい。

「ヘナ」

メリット
アルカリによるダメージがない。
髪にハリ・コシがでる。
天然成分で作られている。
頭皮と地球に優しい(笑)

デメリット
明るくならない。
偽物が出回っている。
偽物やネットワークビジネスなどのせいでイメージが悪い。
時間がかかる。

「香草カラー」

メリット

色がヘナより豊富。
アルカリを使用しない、お湯溶きが多い。
(アルカリによるダメージがない)
カラーチェンジがしやすい。
頭皮などの刺激が少ない。
白髪も染めれる。

デメリット
ジアミンを使用している場合が多い。
染めるのにアルカリカラーより放置時間が長い。
明るく出来ない(明るくする場合はアルカリを使います)


などです。